温度。

前日より冷え込むと、朝が起きられなくなってしまう海苔。
いつもは目覚まし時計で一緒に起きるのに…
e0126054_21215235.jpg


胡麻は起きたので、とりあえず庭で遊びましたが、おやつを見せても海苔は寄ってきません。
e0126054_21215415.jpg


実は意外とデリケートなんです( ´艸`)

日中、気温の上昇と共に元気になりました。
朝もらい損ねたおやつを、胡麻には内緒でコッソリ食べてご機嫌です♪
e0126054_21215660.jpg


まだ冬はこれから!
もうちょっと適応能力付くよう頑張ろうね!

by yanchadog | 2015-10-23 21:15 | 胡麻と海苔のまいにち | Comments(2)

Commented by 初めまして! at 2015-10-25 15:59 x
突然コメント失礼致します。
白内障のワードからこちらに飛んできました!
うちにも3歳のフレンチブルがいますが、若年性白内障の診断を受け、オペに踏み切ろうか悩んでおります。右眼は成熟白内障で完全に失明しており、左眼はその一歩手前くらいで影くらいなら見えているだろうとの事でした。
オペしても、オペ後に緑内障や網膜剥離を発症し失明の可能性がある事を考えると、ただ痛い思いをさせる事になるのではないか、今だいぶ見えない事に適応してきており、もう一度見えるようにしてあげたいと思うのは飼い主のエゴなのではないかと、色々な気持ちが入り混じり、なかなか踏み切れずにいます。

オペを決めた決め手はなんだったか、差し支えなければ教えてください>_<
また、オペ後のケアは相当大変だと眼科医から聞いております。ケアの点についても教えて頂ければ嬉しいです>_<
突然のコメントで沢山質問してしまいごめんなさい>_<

お手隙の時に、お返事頂ければ幸いです。

もしよろしければ、Instagram potato0407覗いてみてください!
Commented by yanchadog at 2015-10-25 20:47
こんにちは(*´∀`*)
インスタ拝見しました。
ポタさん、お写真では全然目が悪そうに見えませんね。

胡麻が白内障の手術をしたのは2歳8ヶ月。
白内障と分かってから先生もビックリの進行の速さで、手術したときは成熟の一歩手前でした。

幸い左目はなんでも無い事、体力がありそれまで怪我や病気をしても回復が早かった事、まだ若いので失明は可哀想に思い、いちかばちか手術を受けました。

1年後に網膜剥離を起こしてしまいましたが、光は感じているようで不自由なようには見えません。
現在は半年ごとに検診、普段緑内障予防のために点眼しています。

術後のケアですが、術後しばらくは目薬の種類と回数が多いので、1日中点眼に追われていました。
順調に回復すれば、それぞれの薬を使い切って終了です。
飲み薬は抗生物質を10日位だったと思います。

術後にレンズがしっかり定着するのに時間がかかるそうで、お散歩は軽く歩くくらいならOKでしたが、頭をぶつけたり、段差のある場所は要注意です。
ソファに飛び乗らせないようにするのが大変でした。

色々ありましたが、手術を受けさせたことは公開していません。
出来る最大限の治療は受けさせてあげたと思うのは、飼い主の自己満足かもしれませんが…
点眼=おやつの時間と思って、時間になると喜んで催促しに来る胡麻。
今ではコミュニケーションの一つになっています!

でも若いうちに失明しても、元気にお散歩しているワンちゃんもいますし、ポタちゃんとの生活に無理が出ないよう考えてくださいませ。